“出会い系サイトで相手と長く続く要領について書かれた評定”

“51歳男性がまさに書物のように書いているPCMAX口コミを見つけました。読み込んでしまいましたよ(笑) やっぱり母親との触れ合いに人生を懸けているという感じですね。でもそのバイタリティ分からなくはないです。だって素敵な母親との触れ合い&セックスって一番人生を豹変させますよね。そんな事を考えさせられた口コミでした。【51歳の北海道男】自分はどうしても妻がびいきだ。色欲は50歳を過ぎてもとっても衰えないし、取り敢えず毎日でもセックス望む。こんな自分のビジョンは、仲良しなどがかなり知らない母親と出会って付き合うに関して。例えたとえ好みの女性であっても、それが仕事関係や仲良し関係であれば絶対に近づかないようにやる。いつか、行きつけのスナックの上級と、仲の良いゴルフ身近になった。その上級のお店には、自分好みの乙女が入店した。入店最初の日で、上級が勧めてくれたので、自分はアフターケアでその好みのこと食事をすることにした。衣装だけじゃなく小さな仕草や、言葉までもが自分意図だった。その乙女にあった当時、自分は付き合っている恋人がいなかった。幾らかうら淋しい時でもあったので、こういう乙女を自分の恋人にしたいというバイタリティが燃え上がった。でも、そのキッズが勤める店は仲が良い上級の店だ。そして店は市内におけるので、行くと常に誰か側と出会うような店だった。自分がこういう母親と付き合うまで、そして付き合ってからのことなどを客観的に考えると、うそや批難や 妬みなど多くの負の機嫌が発生することもイメージできなくはない。そんなことを考えながら自分は決意した。こんなにも好きになってしまったけど、こういう母親は出会わなかったことに決める。そしてこの店にはちょっと行かないことにした。仮に店に通って昼でも会える要因に、如何にも恋人にすることはそこまでしんどいことじゃないだろう。それは嬉しいことなんだけど、でも厄介なことになるのは目に見えている。今までそういった展望は何度も目にしてきているから。仲良しにおける分野では何とかひどい。そして自分は常に住まい外で母親とお付き合いしている。付き合っている母親と別れると、寂しさで耐えられなくなるので、一気に目新しい恋人を探すということを繰り返してきた。その方法は出会い系サイトだ。出会い系サイトを使い始めてもうかれこれ20クラスくらいになるという。今では主にPCMAXによっている。以前に付き合った女性は7個々だ。その中で何より長く付き合った乙女は6クラスだ。少ない乙女だと、わずか2ヶ月というキッズも1人だけいたけど、自分は一括付き合うと長くなる傾向にある。さすが長く一緒にいると気心が知れて安らげるし、癒されるから、一際一緒にいたいというバイタリティが強くなる。多くの男性は、釣った魚には小道具はやらないパターンだと思う。でも自分はその皆目裏だ。付き合った恋人を徹底的に好きになって可愛がることにしている。一定の差異には注意しているが、明るい社交に専念する。だから長く続く。でも長く続いた母親とも離別の時がやってくる。別れた動機は諸々だ。標的のウェディング適齢期になったから別れた時もあれば、標的が自分とのウェディング要望が強くなってきたので別れたこともあった。単純に標的の心変わりもあったし、その裏で自分の心変わりもあった。標的が病になってしまい別れたこともあった。そして今の恋人はいつまで続くのか。これはとてもわからないな。身体の適切が甚だよく、性癖を深く理解しあえる今の恋人は出来れば長く付き合いたいと思っている。これからも高め合って行きたいと思っている。一定の区間を保ちながらも、標的を愛し、そして尊重し、我々を磨き続ける。近所への疑いも緩めない。そのようにしていれば長く続けることは可能だと思う。今の恋人の可愛さや感じやすさ、そして性癖、バリエーションや独特まで、何から何まで好物で離したくないと思っている。だからこそ自分は、深入りはしない、そして焼きもちもしない。どうしても焼かないという事を心に決めているのだ。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です