“電マ責めにふさわしい海老責めでイってしまう妻ら”

“PCMAX書き込みを読んでいると、「縛る」ことに興味を持っている男女が多い状況にちょっと驚いてしまいます。でもまずまず亭主亭主には言えないですから、出会い系サイトとしておんなじ性癖のパートナーを探す、または未体験の色んな遊びを通じてくれるパートナーを探すという流れは余裕のかもしれませんね。【44年代の神奈川県内男性】出会い系サイトを使うようになって女を「縛る」事例のポイントに目覚めてしまった。そして「拘る」ことにポイントを覚える女性がこんなに多いという事をやっと知った。電マ責めにふさわしい縛りが「海老責め」だと言われています。江戸時代に刑罰や拷問において編み出された緊縛で、人体を「く」の字に屈曲させ固定する縛りお客です。真性Mの女の中には、こういう緊縛をされてそっちのけ浴びるだけでイってしまう事もありましたよ。そして今出会った女性は初めての緊縛だった。やはり最初から手荒い真似はしないようにしている。清々しいとしてもらわないといけないので。まずは亭主を後発に縛り直し、胡座を組ませる。様態を見ながら、足首を縛った縄ケツを背中に回して引き絞る。藤四郎としてはちょっぴり手狭かなと思ったので、無事?と亭主に尋ねてみた。すると、「一層著しくください」というのでわずか驚いた。どん欲なまでに縄を味わおうとしている亭主。Sの身はその言葉だけで思い切り淫欲してしまった。お嬢さんの背中に歩きを乗せて、ウエイトをかけながら縄をさらに引き絞った。面持は今にも足首に付きそうなくらいにほど近い。これは丁度拷問だ。でもそれが亭主が望んだ事例だったのだ。そして亭主にとって、後で未体験の清々しいことが始まろうとしていたのだ。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です