“人妻2人と3Pしてハーレムクラスを味わった評価”

“人妻両者と3PしたというPCMAXレビューを見つけました。出会い系サイトと言えども普通の触れ合いが多いわけですが、継続して訴えると、時にこうした恐ろしい触れ合いに巡り合ったりするんですよね。でも人妻両者との3Pって実に凄いですけどね。かなりの除外でしょうけど結構妬ましいですね。【52年の愛知県内旦那】こうした触れ合いがあるんですねぇ。PCMAX使ってるとちゃんと何があるかわかりませんよ。しょっちゅうオフが多いけど たまにはとウィークデー摩擦立てしてみたら かなり人妻二人組から3Pのリードがあったんです。恐らくは私のプロフが相当エロい話なので白羽の矢が立ったのかもしれませんね(笑)何か危ういかなぁは思いつつも、注意には逆らえずに、やむを得ず会ってみようとして会って控え室に向かいました。すると性的なフェロモンむんむんの女性が二人で待っていたんです。運命初のおばさん両者との3Pで圧力しましたが、両手におまん○の肌触りは最高だったし、背面で1人のお尻を突きまくりながら、目の前には別のおまん○があるというのは、何ともハーレム階級でしたね。1人間はひどく潮吹いてたし喘ぎまくってました。今までPCMAX使って色んな女性に出会って色んなセックスを通じてきましたが一番ベスト最高のキャリアでしたね。これはもう病みつきになってしまう。”

“セフレから女房に昇格狙う34年代淑女のPCMAX書き込み”

“PCMAXの評定ですが、真面目なのかエロいのか思い付か感じですが、本人は深刻に考えているような評定を見つけました。ロマンスはセックスがあるから実に酷いんだなぁと感じましたよ。でもそれがいいのかもしれません。出会い系サイトでの鉢合わせって人の欲が丸出しに見れる事も数多く、それがすばらしいなぁと思ったりもします。【34年の栃木県内奥さん】PCMAXを使い始めて、何人も同時進行でセフレを作ってきた淫乱な身(笑) も今回はまさか違う気分なんですよね。あっちは本心ではセフレと思っているのかもしれませんが、身は本気で好きになってしまったみたいなんですよね。でもそんな意識とは裏腹にメールでの揉め事が絶えません。「随分会えないけどつまみ食いしないでね?」ってメールすると、「は?疑ったよね、信じてもらえないならさよならだ」とか、すぐにそういう開発になってしまうんですよ。そして直ぐ謝る、そういうつもりで言ってないから。でも、その後のメールは半端ないぐらいに急に冷たくなるの。泣きながら謝りのメールをする身。電話で話したいけどできないし、ダイレクト会って取り違えときたいけど亭主は仕事中だし。。ジェラシーまではいかないけど、好きだから苦痛してるみたいな感じで受け取ってもらえないのかな。そういうメールをすると亭主は傷ついたとメールしてくるんです。人それぞれで取り人物の違いがあるのかもしれませんが。でも、常に俄然怒りだすから亭主のスイッチがわからないんですよ。そして何度も謝って、謝って許しをもらう、しょっちゅうそういう繰り返しです。いったい身は何をしているのだろう、、と思ったりもするけど、すぐに亭主に会いたく向かうんですよね。別れたくない。とてもしがないです。身が「必ずやさよならなの?」とメールしても何も答えないし。必ず亭主は私のことを、セフレのくせに、と思っているのかな。身は絶対に「じゃ別れる!」とか言えないですし。絶対に「わかったよ」とか言われて終わりそうだし。今まで何人も人体だけの個人と会ってきたけど、1人の個人に絞ることなく来たのに。何故これ程小さい行為言われても亭主から離れられないんだろうとと思ってしまいます。だから今はメールは細心の注意をはらって書いている日毎です。亭主の癇スイッチを押さないように(笑)も時として「サユリはホンマ手厚いよ。大事にしなきゃいけないというし俺も優しくしたい」といった容易いメールをくれるんですよ。そのギャップが大きすぎてちょこっと怖い。断じて血ジャンルで判断したり控えるけど、亭主だけは一発で分かりましたよ。Bジャンル。変わり者。私の移りのBジャンル氏は変わり者が多いし。個人を聞き流すという亭主。だから何でもそんな風に受け取ってしまうのかな。でも「さよなら」のことわざの方が冷たくないですかね。酷いですよね?ことわざってちゃんと苦しいな。セフレ応対から彼応対に昇格しよ。”

“自分がドMに関してに気付いた28歳勤め人のPCMAX思い出日誌”

“PCMAX遭遇備忘録から28歳サラリーマンの面白いものを見つけました。オナニーの副食とかの問題も赤裸々に書いているし、パパが想像できないようなリアルな形が書かれていて読んでるだけで興奮しちゃいましたよ。こういう28歳サラリーマンと共に、私も異様にムラムラしてきちゃいました(笑)【28歳の大阪府おばさん(サラリーマン)】余暇だから2くんの要約WEB見てたんです。そしたら「女子だけど百合が博士。でもレズじゃない。」という筆記があったんですよ。ここ分かる~~!って凄まじく共感してしまいました。だって我々、オナニーの副食はスマホで婀娜音をしょっちゅう見るんだけど、婀娜音を見てる年月、いつも女性を見てるし男優氏は見てないもんなぁ。想像でオナニーする時は、女性が抵抗出来ないような環境空想してるし。それでその答弁に「百合が好きで、独自はその言動を見ていたいと。あんたドMだな?」と書いてあったんです。さすがそうだったのか。身はMの入り口に立ったばかりの依然未開発のポイントだけど、にわかMです。何やら前からそうじゃないかなぁとも思っていたんですが。そんな事を考えていたら異様にムラムラしてきちゃった(笑) ここで知り合った両方エッチ狙う年月だけに連絡するような関係の彼に直ちに通り道してみよう。”

“3Pレジャーの先方をPCMAX掲示板で募集する40金人妻”

“今もどうにも強烈なPCMAX評価を発見しました。近隣同士で3Pプレイがしたいと盛り上がって、PCMAX掲示板で男性に集客をかけた、という正味です。3Pプレイ好きな女の子というのもどうにもいるのかもしれませんねぇ。募集すると、旦那から大量のメールアドレスが届いたとありますが、まぁ旦那も一度くらいは3Pを経験してみたいというほうが多いんでしょうね。あんな評価を読んでいると身も3Pしたくなってきちゃいましたよ。【42年齢の大阪府人妻】エッチ大好きな近隣がいるんですが、久々に3Pプレイしよ言ってきたんです(笑) カップルとも暇なんでそんなエロいストーリーばっかりしてるんですよね。それでPCMAXの掲示板で集客かけてみたらいやいや、マズイ音量のメールアドレスがゾクゾクと届きましたよ(笑)たぶん自身が1顧客での集客なら一番こんなには欠けるんだろうな。そのうちのお一方と幾らかお話しさせて頂いたら、かなりの夜中に来てくれるぐらいだし、一際優しい感じのお客様だったので即セットという感じです。近隣は、素早くしたいから目下中に決めてなんて言うから大変やったけど、まぁどんなになりました。そしてTさん(集客した旦那です)の職業の休日によって日取りをさっさと決めたんです。急遽決まりました。そして今日の正午からとりあえずは、Tさんと、自身と近隣で近隣オリジナル昼飯を食べいよいよ、お出かけって感じです。今は昼飯考察ながらTさんをお待ちしてるという状態です。でも友達の欲情は、一旦底なしだから、Tさんは無事故かな?って感じです。40歳を過ぎた位から欲情が異様に旺盛になってきたようです。自身は途中で別離して一服とるから大丈夫だけどね。こういう時、奥様双方だと楽だなぁって思います。まぁ3Pは完璧条件無しの好みだから私も安楽させて貰うし、好きなようにさせてもらいます。でも3Pの好みは、友達の好みですよ。私もゆくゆくハマっちゃうかもしれませんが。。”

“処女の母親とのセックスを綴ったPCMAXクチコミ”

“処女の妻とのエッチを綴ったPCMAXクチコミがありました。処女の妻とセックスする拍子、アッという間に挿入できることもあれば、どうにもできないこともあります。こういうクチコミの妻は、指1本入れるのも危険ので、挿入で心地よくなるまではまだまだ時間がかかるかもしれませんね。でも処女の妻もエッチに視線があって出会い系サイトを使っているという事実はこうしたクチコミを読むとよく分かります。【23年の東京父親】PCMAXで知り合った妻と、知り合って1週間くらい後に旅館に行く事ができました。出会う前から処女だというのは聞いていたのでどうなるかと苦悩はしていました。ただもちろん、膜は破りませんでした。おそらく破れていないと思います。指1本入れるのも少し危険という空気でした。シャワー先に入る?と聞いてみると、「こちらはいい」といったので、もっぱらアソコは舐めました。すごい気持ちよさそうな表情を通じていました。そした自分のアソコも洗ってないのに舐めてくれました。仮性包茎で塵とか溜まっている状態でなんとなく申し訳なかったですね。処女なのはほぼ確定だけど、ずいぶん入れるのは未だに先になりそうです。お風呂でお互いに体躯を洗いあってネトネトするのは楽しかったです。挿入だけがセックスじゃないですもんね。でも、妻の処女が一部では崇拝されてるようですが、それはほとんど理解できませんでしたね。何とか何だか大変ですよ。”

“22年の乙女を練習セックスで虜にする魅力クチコミ”

“こういうPCMAX遭遇も如何にも出会い系サイトでの遭遇ならではという感じですね。45年代の男性が22年代の夫人を発達して虜にやるという内容です。【45年代の千葉県内ダディー】久々に彼に会うことになった。それまでは、メールや電話で遠隔発達を通していたが、そうしていると、「御主人様のお気に召す下僕になるにはどうすればいいですか?」と言ってきた。「更に今のままですばらしい」と答えたが、久々に会ったら、会うなり急きょ瞳が潤んでいた。わけを聞いてみると「寂しかった」に関してだった。その言及を聞くと急に愛おしくなって、周囲を気にせずに抱き締めた。ふっくらとした、ミルクがたまらない。そして愛車に乗って走行へ出掛けた。その巨乳の、おっぱいの谷間を見ているとたまらなく性欲してくる。手厚く握りこぶしを握って色んなダイアログをした。そして走行を楽しんだ後、旅館に行くと、座敷に入るとすぐに、全然甘えてきた。ジャケットを脱がせると、ダメブラにつき、ピンク色の乳首がもう立っていた。そしてパンティも脱ぐように指示する。はじらいながら脱いだら、綺麗なパイパンだった、拡げてみると、もう濡れ濡れの状態だった。わんわん進め方の特殊を通して、首輪をつけて発達を開始する。、何故パイパンにしたのかと聞くと、御主人様がこの間博士だとおっしゃったから抜毛しました、とのこと。必ずや良いらしい。だから色々クンニを通してあげた。極めて感じて激しい感想がもれていた。そして手厚く後ろ進め方から、巨乳を縛り、濡れ濡れのアソコにバイブを挿入し固定する。口には猿轡を通して、アナルはローションを塗りたくる。俺と会うときは、きちんと排泄を事前にしてくるから、ほしいの一言でアナルプラグを挿入し固定する。だんだんと瞳がうつろになってくる。何かしゃべっていたので猿轡をはずすと、しゃぶりたいに関してだった。低級ソクをたらし、間皇族、わんわん進め方でしゃぶらせる。とっても教え込んできたから流石にうまい。半くわえているうちに、御主人様のおチンチンが欲しい、という。何度か焦らしたが、手厚く後ろから生で挿入する。結構締まりが良い。いまだに俺しか知らないについても亢奮を煽る。やさしくあたりに、また著しく、とっても喘ぎ感想が好ましく、「どうだ?」と聞くと「御主人様ありがとう。」という。何度かイキ、最後に強く腰を動かすと、私の中に根こそぎくださいとのこと。なので一切中に放出する。「御主人様ありがとう。」と言ってお扶養フェラしてくる。眩しいなとつくずく思った。今時めずらしい誠実でいい人たよ。”