“アナルセックスの喜びにハマってしまった24年マニア母親の書き込み”

“今まで見たPCMAX書き込みの中で、5小説の指に入るくらいエロいレディースの書き込みを見つけましたよ。そういったポイントに貪欲なレディースって出会い系サイトで随時出会えるんですよね。一際何よりもセックスがフェチという感じの。まぁ自分がウダウダと書くよりも、最もこういうポイントに奔放な容貌をご覧になってください。【24年代の山形県内レディース】いやー、また恐ろしいセックスを体験しちゃいましたよ。今回の亭主は何と、デンマとバイブとローション持参してくれたんです。これで僕をポイント攻めしてくれました。いやー一体全体意識がおかしくなっちゃうかと思うくらい気持ちよかった(笑)愛撫が終わるとローションをとことん塗ってくれたの。そしてあのイヤラシイマシーン音色が聞こえてきます。それだけで僕はマニアなので興奮しました。デンマが過敏になったクリさんにあてがわれると、今まで感じたことがないくらいの気持ちよさで、これから凄すぎぃー♪実はいまひとつオモチャ経験がないから、こわい方針もあるんだけれど、直ちに気持ちよさが勝って素直に向かう。だんだんと負荷が強くなっていき、ヨガリ音から叫びに変っていって、、何度も何度もイかされて、僕はだいぶ幸せです。一段と、欲しくてやめて欲しくない~!今度はそれにバイブもプラスされて、奥まで力強く突き始められました。二つの負荷が強過ぎで、もう怒号シーン。「あぁこれから正に御法度、やめてー」っと訴えても一向に止めてもらえず、何度も何度もイき続けちゃったの。引きつけもしちゃって、直感も飛び飛びっていうインプレッション。気持ち良くって止まらなくなりそうですね。オモチャって恐ろしいのねー、新しい発見だわ。何とか超絶類ポイントから解放された僕は、呼吸も絶え絶えという感じで、相当落ち着きませんでした。しかし、僕がそういった状態だというのに、亭主はもう一度ローションをを継ぎ足し、今度はアナルを弄り始めたんですよ。アナル想い出ははたして数回しかなくって、最近は全くないので、凄まじく懸念しちゃった。指がしだいに奥まで差し込まれる度にスリルが湧きおこってきました。そして解され、広げられて、亭主がアレを入れてきました。「痛いっ!」案の定慣れないアナル。入れ始めは著しく痛くって。そしたら亭主はローションを足してくれて、ベタベタ状態でゆるゆる動き始めたの。最初はそれでも痛かったけれど、その後は段々とびっくりするくらい痛くなくなっていき、、寧ろ気持いいの。しょっちゅう想い出出来ないアブノーマルはポイントにまた大満足です。少し長くなりすぎたので、その後のゲームは回をふたたび書きたいと思います!”

“21年齢の家族助け巨乳少女と田舎の別荘でセックスしたレビュー”

“またなかなかねたましいPCMAX評定を見つけました。書いているのは41年齢の男ですが、21年齢の世帯救援女の子とカップルもののセックスを体験することができたようですね。20年齢も時の離れた、それも素晴らしい巨乳お嬢さんとセックスできるなんて、ぴったり出会い系サイトがあってこそという感じですよね。こういった評定を読んだ後はアッという間にPCMAXを使いたくなる(笑)【41年齢の静岡県内男】今日は以前にメルアドを何度かやり取りしていたが結局は会う事が叶わなかった女児と連絡が取れたので、裾野市まで行くことになった。こうした遠くまでやっと来たんですが、ここは何だかリゾートのようで彼女に連絡するとマンション近くまで来てほしいとして、愛車を数分走らせると女児がポツンとストリートわきに立っていた。「○○君?」と聞くと「はい」と解答を通してくれ、どうにか会うことに当たり。見た目は、些かぽっちゃりした感じだが、オッパイが衣料の上からでも分かるくらいデカくて、巨乳贔屓のボクはその時点で興奮してしまった。彼女を愛車に乗せると、「ここから20分け前くらいの所に私のマイホームの別荘があるからそこに行こう」というので、「おや、でも大丈夫なの?」と聞くと、「きのうから親はピクニックに行ったから大丈夫だよ」と言われたので専ら愛車を別荘にかけて走らせることにした。別荘は、未だに新しくカワイイだった。お茶を飲みながら何かと話をする。「会った所作無い男とやっと会うのって憂慮じゃ無かったの?」と聞くと「すばらしく手帳見ているし、心配無い自身だと思ったから」と笑いながら言ってくれてまだまだ安堵。あっという間にロケーションが和んだような感じがした。何かと話を聞いてみると、彼女は21年齢の世帯救援で実家は畜産業務を通じており、何だか裕福なマイホームらしかった。このあたりはかなりの生まれ故郷で、メンズっけが全く無いらしい。初体験は大学生の時で、2度目は、1時ほど前に横浜にレクリエーションに行ったらPCMAXで会った自身だと教えてくれた。そして3度目の今回もPCMAXでの顔合わせになった理由ね(笑)今はバイブとロータ―でオナニーづくしの生活らしく(笑)、玩具ではイケるけど、セックスではまったくイッたことがないらしい。エッチにも興味津々という感じで、「今日は安全お日様だから中で出しても大丈夫だよ」と嬉しい事を言ってくれたが、ほんとに大丈夫なのか幾らか心配にもなった。彼女の手料理を平らげると、彼女もこれから期待している様な情景になってきたので、「お風呂に入ろうか?」と言うと「はい」と答えてくれた。彼女が衣料を脱ぎ裸になると、ちょこっとぽっちゃりだがオッパイは思った以上におっきい。背後から掴むと私の握りこぶしにはいとも入り切れないくらいの巨乳だった。お互いのボディーを洗いあい、彼女のアソコを触ってみるととっくにやけに濡れており、立たせたとおり指を挿入すると滑り出しが小さくて1本しか入らなかった。お風呂のコネに座らせ乗り物を開き、クリを舌で刺激すると情愛液が強い分量流れ出ている。ボクは我慢出来なくなって、彼女の握りこぶしを困難につかせ後ろから一気に挿入した。今までに経験したことがないくらい、キツく楽しく、こんなことはめったにないが数分で彼女の中に射精してしまった。「気持ち良すぎ」と言うと彼女は最高に眩しいスマイルを見せてくれた。セックスした後に心情が繋がったなと覚えるこういう時が最高に望ましいんですよね。”